とっても怖いストレスと病気の関係 > ストレスとは何か

ストレスとは何か

ストレスという言葉はとてもよく聞くものですが、実際にはどういう意味があり、またどういった現象があるものでしょうか。

ストレスとは、生物学的に言えば何らかの刺激がかかり歪みが生じた状態を言います。ちょうどゴムボールを押すと凹むというようなその状態を言うのですが、最近は心理的に負担がかかる状態を言うこともあります。

このような原因には様々なものがあり、一つは人間関係や対人関係のこともありますし、恋愛や仕事についての負担なども原因となります。環境的なものであれば、冬の寒さや夏の暑さを言うこともありますし、騒音や光の刺激などもストレスの原因になるものです。

また、大きな負担や要求が通らないというようなときに、このような負担感が発生することも少なくありません。このような刺激をストレッサーと言い、ストレスの発生原因というように言うこともあります。また、ほかにも環境や状況によってストレッサーは変わることが少なくありません。

妊娠中もストレスを感じやすい時期でもあります。赤ちゃんの命がお腹の中に誕生するとホルモンバランスが変化すると共に生活自体も今までと同じように過ごすことが出来なくなります。いろいろなことが同時に大きく変化していくのでストレスを感じてしまいがちです。そんな時に摂っておきたい栄養が葉酸です。妊娠中には必須の栄養素とまで言われています。葉酸について詳しくは「プレママのための葉酸サプリ講座」をご覧下さい。

ストレッサーにな貼ることは様々なことがありますので、一番の原因を取り除いてもすぐに別の原因が出てくることもあります。 このようなストレスを受けやすい性格には、いくつかの傾向があります。 一つはとても真面目な人ということでしょう。

融通がきかないような時や全てを真面目にするように捉えてしまうと、ストレスに対するしっかりとした管理を行う必要があります。融通がきかないような性格の場合は、ストレスをしっかりと受けた時の対処法を身につけておいたり、中にはストレッサーとなるものから逃げることもひとつのテクニックといえるでしょう。

受けやすい性格で言えば、責任感が強い人もこれに当てはまります。自分の意識が高く、また積極的に行動できる人の場合はこのようなストレッサーにも責任感を持って対応してしまうので、ついついストレッサーからの負担を受けやすいようになってしまうのです。

これは、自分に対する負担だけではなくその人や環境から逃れることも大事なことになります。 最近は特にストレスにより精神や肉体を壊してしまう人が多く、そのような人の中には復帰に対しても時間がかかることは少なくありません。

このため、自分の管理もしておくだけではなく、いろいろな原因からの対処もしっかりしておくことがポイントになります。いろいろなストレスがありますので、原因ともうまく対処できるようになることがポイントといえるでしょう。